ポートフォリオではなくログ

主にふりかえりメモなど

6月ふりかえり

こんにちは。
すっかりXも発信がなくなってしまってブログだけになってきつつあります。
苦悩しながらも楽しんで生きていくことを目指したいエンジニアのNGWです。
今月もふりかえっていきます!

Y:やったこと

SpringBootチュートリアル

  • やり切ることが目標でしたが、結果は 使い方ガイド のメッセージング まで読んだというところでした。
  • いつもどおりやれば、十分完了できる感じでしたが、完了できず...orz
  • 6月の中盤以降は、仕事の進捗が芳しくないので、朝のスタディはそちらに時間を充てていましたので、目標未達
  • その昔、仕事でJava EEをやっていたころ、こういった公式のドキュメントを大量に読んでいたのですが、やはり同じJavaということで雰囲気が似ていて、とても懐かしくなりました。
  • 手を動かしながら身につける系のドキュメントではないので、あまり時間をかけてもしかたなさそうな感触なので、のこりざっくりと読んでおわりにしたいと思います。

音声コンテンツ

  • texta.fm 5. Accelerate、6. 1on1 in Public
    • 先月に引き続き。3巡目ですが、リーンとDevOpsの科学を読んだあとに改めて聴き直しということで学びが多かったです。
    • 日本CTO協会の DX Criteria も参考に、指標の取り方として良いガイドラインも与えてもらったなと。
    • 後藤さんが経営とリンクして財務諸表の数値とリンクした指標改善アプローチの仕方などもしているところも実践的で良いです。
  • ゆる言語学ラジオ #46〜48 数の発明
    • ピダハンの息子さんの本ということで、またまた面白い話でした。
    • 個人的にも今の仕事内容が数字と密接に関わっていて、文字がないと4以上が認識しづらいというのが考えたこともなかったのでいい話を聞けました。そろばんの話も少し話題に出ていました。
  • Voicy: 安斎勇樹の冒険のヒント

    • podcast難民になりかけていたので、聴き始めました!
    • 購読させていただいている50代アプリエンジニアの積み上げ日記 でやっているのを知って、私としては、「問いかけの作法」を読ませていただき、fukabori.fmでも声を聴いていたので、安斎さんの話はためになりそうだな、ということで
    • こういうのコンサルで契約したらかなり高いお金を払わなければいけないような話が無料で聴けるのでホントすごい時代ですね。
  • 超相対性理論 #164〜166

    • 身体性と儀式をめぐる雑談ということで面白いテーマでした。
    • 音楽で認識がかわると演奏に反映される話はたしかにその通りだな、と。
    • 安斎さんのVoicyでも「暗黙知」というテーマで似たような話をされていて、わりかしホットな話題なのかもしれません。「脳の外で考える」の続き読まねば。
  • 他、Rebuild.fm、COTENラジオ番外編、超リアルな行動心理学、経営中毒などなど。

W:わかったこと

  • 自分の行動がいろいろと遅いということを再認識しました。
    • とはいえ、時間効率を考えて質を下げると、それもよくないところです。
    • ある種乱暴なやり方や、やったことない方法を挑戦するみたいな発想の転換が必要かもしれないな、と。
    • やっぱり自分を客観視する必要がありそうです。一日の終りに自分の振り返りをしておくのが必要かもしれません。
    • 計画してそれどおりやるのがあまり好きではないですが、本当に終わらせなければいけないときは「この時間までにこれを終わらせて...」と考えてはいるのでこの状態に早くもっていくのが必要そうです。

T:つぎにやること

  • 仕事ではしっかりアウトプット。やりきる。
  • 自分の行動を客観視するための一日のふりかえりをやっていく
  • 先月のやることもリベンジで進める
    • Gradle/Groovyをちゃんと学んでおく
    • サバイバルTypeScript読み切っておく
    • エフェクチュエーション読み切る
    • AWS の Udemy講座再開する

計画を立てて、それ通り進まないときは、どうしても罪悪感みたいなのが残ってしまいますが、楽しんでいきますよ!

5月ふりかえり

Y:やったこと

アウトプット

  • 2023年1月〜2024年4月までの主に読書の記録、復習を(やっと)まとめてみました。 ngwork0301.github.io

    • [読書] エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計
    • [資格] ITIL4 foundation
    • [読書] SCRUM BOOTCAMP THE BOOK
    • [読書] Webを支える技術
    • [読書] 運用設計の教科書
    • [読書] 問いかけの作法
    • [読書] コンサルが最初の3年間で学ぶこと
    • [読書] リーンとDevOpsの科学
    • [読書] アジャイルサムライ
    • [読書] リーダブルコード
    • [読書] 最強エンジニアになるための話し方の教科書
  • こうしてまとめてみると、量は多くないですがかなり学びになる本を読めたのだな、と実感しました。

  • しかし、やればやるほどになにもわかっていなかったのだな、、、というダニング=クルーガーの山をどんどん下っていく感覚になっています。
  • 派生でいろいろな本を知るので、読書欲が湧いています。これまでは「将来的に読むべき」「解像度を上げるために読むべき」くらいだったのですが、「今すぐ読まなければならない」感覚になってきています。
  • しかし、相変わらず時間がたりないですね。自信もかなり失っています(もともと高くなかったですが...)。

その他スタディ

ここしばらく学んできたことが抽象的なことが多かったことに気が付きました。 なので、最近は超具体に降りて手をうごかしてスタディするのをやってみています。

音声コンテンツ

  • COTENラジオ ジャンヌ・ダルク
    • 面白かったです。かなりバグって突き進むけど、なぜかうまくいってしまってそれが神聖化する感じでしょうか。ある意味孫子の兵法と真逆を行く感じですね。
    • 歴史上、こういうこともあり得るというのが一番の学びでしょうか
  • 超リアルな行動心理学
    • 非常にためになるのですが、だんだんとpodcastを聴くだけでは物足りなさを感じるようになってきました。チャルディーニの影響力の武器とか読みたい感じです。
  • Rebuild.fm 383(yuka)、384(hak)
    • AI関連のニュースとか多いご時世ですが、情報の仕入れ方についてこの話を参考に私も改善しなければいけないなと
  • 経営中毒
    • 追いついてしまったので、最新の回などを
  • texta.fm
    • 3周目くらいでしょうか。エヴァンス本を読み終えたあと、DDDを実践しているところでもあり、また新たな気持ちで聴いてみています。
  • あとは野村さんのChronicle系のPodcastなどをかいつまんで聴いていました。
  • Audibleも結局すぐ本物の本がよみたくなるので、あまり進まず。
  • 全体的に音声コンテンツは、いろいろ追いついて消費しきってしまったこともあって今月はあまりmake senseしなかった感触でした。

読書

W:わかったこと

  • やはり、学んだことは復習して自分の言葉でまとめておくとよい!

    • これをやっておくと、なにかあったときに連想されて、つながりで読み返したりする機会が増えて、知識がそれによりまた定着される感じでよかったと思います。
    • どうしてもインプットを重視しがちなのですが、挫折せずにやってよかったです。
  • 「T:つぎにやること」をもっと具体的に

    • 読書感想記事をまとめて、自分が何をしてきたのか、メタ認知的に少し捉えられた気がします。
    • PDCAがだいぶ嫌いになっていたのですが、もっと具体的にやることを分解して上げていくと、推進力があがる気がしました。

T:つぎにやること

  • ということで超具体的に、6月やることを上げてみますw
    • SpringBootの公式ドキュメントを読み切る。
    • サバイバルTypeScript読み切っておく
    • エフェクチュエーション読み切る
    • AWS の Udemy講座再開する

4月ふりかえり

こんにちは。NGWです。 さいきん、睡眠時間が長く、時間の使い方があまりよくないなと思いつつ、ぼんやりと寝ぼけながら自分の記憶を脳が整理しているのをなにか感じ取ったような気になった私です。

Y:やったこと

音声コンテンツ

  • COTENラジオ 番外編(青柳さん)、特別編(矢田さん、岡野さん)、紫式部
    • コミュニティナースの活動いいなと思っていたのですが、実際に出資する方が出たということで鳥肌が立ちました。
  • fukabori.fm #114 t-wadaさん テスト駆動開発とは何であって、何でなかったのか?
  • EM.FM Re.33 「技術力」って何?
  • 超リアルな行動心理学
    • しばらく直近のものだけきいていたのですが、面白いので、過去からさかのぼって最初から聴き始めています。
  • Rebuild.fm 381(N)、382(hak)
  • Qiita FM #33〜35 徳丸浩さんの回
    • エンジニアストーリー by Qiita 改め、Qiita FMで生まれ変わったようです。
    • セキュリティの文脈で有名な徳丸さんの回ですね。そういえば、徳丸本も読みたいなと思っていたので、積読にいれておかねば。
    • 徳丸さんの「俺のはなしをきけ!」というところがモチベーションとなっているの面白いし、私にはできないところなのですごいなと思いました。
  • 経営中毒 #2-36〜47

読書

IPA:NW試験

2023の読書感想記事など、アウトプット

  • これ、ずっとサボっていましたが、IPAの試験がおわってやっと少し着手しはじめました。
  • エヴァンス本から復習してまとめていますが、めちゃくちゃ忘れていて、でもめちゃくちゃ学びが多そうです。

W:わかったこと

  • 感情は身体と深く結びついている
    • 超リアルな行動心理学のどこかの回だったと思います。しかめっ面をした状態で上機嫌になるというのができないという話でしたが、これは逆にいうとしかめっ面をしている状態のことを期限が悪いといっているだけなのではないかと。
    • 感情に突き動かされて、しかめっ面をしているのではなく、無意識にしかめっ面になった状態を脳が認識して、「自分が不機嫌だ」と気づくという順番なのだと思いました。
    • 自分の機嫌をとるのも自分の責任という言葉がありますが、簡単で身体的に笑った状態をつくりだしてしまうのが最も簡単な自己感情のコントロールなんだろうなと思いました。

T:つぎにやること

  • 笑顔を無理につくって、自分の機嫌をコントロールする!😊😊😊
  • ふりかえりももっと有効に!今なにをすべきなのか、なぜできていないのか!気張らず、ゆるくやることをモットーにしつつも、方向性に確信を持てるようにしたいですね。

3月ふりかえり

Y:やったこと

音声コンテンツ

  • COTENラジオ やなせたかし

    • CREW特典の先行配信で聴きました!
    • 個人的には、COTENラジオもこれまでかなり良い回があったものの、過去イチで良い回だったように思います。
    • 自分の能力が信じられなくても、ずっと泥臭くつづけていくこと、最後には自分のキャラクターデザインの才能に目覚めて積み上げてきた人脈をつかって、自分の世界観を貫き通すことなどが語られてました。感動しました。
  • fukabori.fm #113 アジャイルコーチがウクライナ軍に入隊ときの話

    • Xで一時期バズっていた ブログ を読んだことがあったので、興味がありました。
    • 私は英語の聞き取りは全然できないのですが、流し聴きしています。
    • 個人的に、軍隊においても心理的安全性を確保することの有用性はあるのかというテーマは面白いです。
  • 超リアルな行動心理学

    • 返報性の原理の話はすごく面白いです。よく見たら#002からこの話題が出ていて、このpodcastではおなじみの話題みたいです。
  • ゆる言語学ラジオ #37〜40 助数詞の回

    • 助数詞、「個」「つ」とかをどれを使うのか、なんてほんとどうでもいいという話から、助数詞の奥深さが実感できる展開面白かったです。
    • こちら のサイトにまとめがあって、これもすばらしいです。

読書

  • 読書を仕事につなげる技術

    • 読書というよりはAudible でそろそろあたたくなって草が生えてき始めた庭の手入れをしながら
    • これまでネット上の記事やXで多く拝見していたのですが、山口周さんの本は実は初めてです。
    • 経営学の本を片っ端から全部読むという探検から、山口さん自身が会得した効率的な読書術が紹介されています。
    • 経営学曼荼羅で本のマッピングが出ているのや、インターフェースの心理学など刺激を受けた本の紹介がされていました。
  • うかる!高度試験高度試験 午前I・II

    • 昨年残念な結果になったネスペの午前の対策をしました。
  • ネットワークスペシャリスト重点対策

    • 去年のスタディの続きです。去年は特にセキュリティまわりが終わらず受験になったため、そこから
  • リーンとDevOpsの科学

    • ひとまず、第一部は読了しました。他の本でそもそもDevOpsやリーンについて深めてから、なんどか読み直さないとダメそうです。
  • マスタリングTCP/IP セキュリティ編

    • ネスペ対策でところどころをつまみ食いしながら
    • 普通にこの本で書ききれない細かい内容とかも試験にでるのでやっかいです。
  • プロフェショナルTLS & PKI

    • ということで、さらに詳細が書かれている本を。上記のマスタリングTCP/IPで書かれていた齋藤孝道さんの著書です。
    • はじめてラムダノートの本を買いました。
    • 昔問合せでTLSに苦しめられて、パケットダンプをみてもチンプンカンプンだった苦い経験もあったので、詳細な情報をわかりやすく書かれている本を持っているべきだと思い購入しちゃいました。

W:わかったこと

  • ネットワーク技術の奥深さ

    • スタディしてみて、セキュリティ関連がめちゃくちゃ弱かったことに気づきました。
    • どのレイヤーの話なのか、暗号化方式の話なのか、アルゴリズムの話なのかやっと整理して理解できるようになってきた気もします。
  • 返報性の法則

    • これが効きやすい人とそうでない人いそうですね。面白い視点を得られました。
    • 自分が家事をたくさんやるようにすると、妻もたくさんやってくれるようになるのですが、そういうことでしたか。
  • リベラルアーツ系のスタディ

    • 主に音声コンテンツですが、リベラルアーツは役に立っているのかいないのか、イマイチでした。
    • 仕事のどんな場面で役にたつかもまとめておくことが大事そうです。
  • 能力が高くなくても、泥臭く続けていくこと

    • 自分の能力が高くないことを実感させられることが多いですが、やなせたかしさんのような人がいる話を聴けると、それでもよいと思えます。
  • 積読は多くていい

    • ゆる言語学ラジオの堀本さんもかなりの積読しているとのことでしたが、山口さんの本の読み方はすごいなと思いました。

T:つぎにやること

  • 積読を増やしてみる。つまみ食いで読んでみる
    • 読みたい本をもっとリストアップしつつ、ジャンル分けなどしてみるといいかもしれないなと。
  • リベラルアーツ系は、仕事でどう役にたつかをまとめてみる
    • このブログでふりかえっておくようにしたいと思いますw
  • 家事をしてほしいなら、できるだけ自分が家事をする!矛盾しているようですが、これが効果ありそうです。わりと当たり前の話なのかもしれませんが、、

2月ふりかえり

遅くなりました。2月ふりかえっていきます。

Y:やったこと

イベント

音声コンテンツ

  • 経営中毒 #2-20、他

    • 徳谷さんのルーチンワーク、すごいですね。私はたくさん睡眠時間を取るタイプですが、経営やコンサルタントのストイックさはやはり肝に命じておきたいところですね。結局睡眠時間短くても、すごい人はすごい。
  • fukabori.fm #105、106 y.kajiuraさんの回

    • SDN開発の裏側などの話でした。低レイヤーの開発の話、やはり面白くて興味をそそられます。今ネットワークの仕組みも改めてスタディ中ですので、いい話でした。全然わかっていないですが。
  • セキュリティのアレ 第212回、他

    • 久しぶりに聴きました。これも全然ついていけてない部分多いですが、ふつうにラジオとして面白いです。
  • em.fm Re.31、32 ゆめみ片岡さんゲスト回

    • アウトプット文化。なかなか自分もアウトプットできていないのですね...。
  • 超リアルな行動心理学 #124 不安定な気持ちを安定させる方法

    • あえて「動作をゆっくり丁寧にやる」というのは、気付かされました。
    • たしかにタイピングもゆっくりやると、正確になっていい感じになるというのがありました。
  • ゆる言語学ラジオ #34、35 ピダハンの回

    • 民族の言語の話から、ふだん自分たちがとらわれている常識がどれだけなのかを感じた回でした。

読書

  • リーダブルコード
    • 読了しました。楽しかったです。やはり読みやすいコード、きれいな設計を考えるのが一番楽しいですね。
    • ボブおじさんのクリーンコード → クリーンアーキテクチャの流れでもスタディしたいなと思いました。
  • 最強のエンジニアになるための話し方の教科書
    • 最強のエンジニアリングにはなれないと思いますが、これも会話に課題を感じていたので、ある程度道筋が立てられるのでためになりました。
    • 話し方に課題を感じるのは35歳と50歳がピークとのこと。ちょっと遅かったですね私はw。
  • うかる高度試験午前I・II
    • いろいろ迷ったんですが、こっちをやってみることにしました。
    • 午前問題は、十中八九大丈夫かと思っていたのですが、前回苦戦したのと、全体的に広く浅く復習できるのでこちらを
  • リーンとDevOpsの科学
    • かれこれ1年くらいダラダラ読んでいます。少しずつ進めていますが、いつになったら読み終わるのか。
    • 時間ができたときに読もうとすると毎回あらすじの復習から入るのと、頭になかなか入ってきづらいのがありますね。

その他

  • bluesky始めました。しばらくwaitlistにいたのですが、一般開放直前で許可されました。Xからこっちにじわじわみんな行けばいいかなと思うのですが、厳しいかもですね。
  • 今更ですが、airpods pro買いました
    • 主に家事中、移動中に聴くため用ですね。
    • 落としそうで怖いですし、知らない人に「検出されました」が出るのイヤで、外出先に持って行くのなにか抵抗がありますが、とくに外出中に使いたいのですよね。。

W:わかったこと

  • ラポールの形成
    • 自分を守る姿勢は、相手を対立関係を認めることなので、相手にとって身構えてしまう原因
    • 自分を守る姿勢を如何に崩せるか。これは無意識にやっちゃうことなのでゆっくりと直していきたいところ
  • コードへのこだわり
    • やっぱり細かいところまで自分の考えも主張してよいものだと

T:つぎにやること

  • 集中力をたかめるために、ゆっくりやる

    • アトミックシンキングにあったように、考えをメモにして吐き出しつつ、小さいタスクを丁寧にゆっくりこなしていきたいなと。
    • ビルド中、デプロイ中などで少し時間空いてしまうとどうしてもほかのことに気が散ってしまいがちなので、できるだけ開発環境のメンテナンスは日々やって効率化したいところです。
  • コードレビュー

    • ラポール形成を意識して、相手へのリスペクトをしつつ
    • 自分なりに読みやすい美しいコードについて意見もちゃんと主張する。
  • IPAの資格対策がんばらねば

  • 消化するpodcastも減ってきたのでAudibleを再開し始めてみるかも??

1月ふりかえり

今回はYWTのフレームワークでやってみます。

Y:やったこと

イベント

  • t-wadaさんが後世に残したい、実録レガシーコード改善

    • t-wadaさんのプレゼン、相変わらずためになります。時間いっぱいまで伝えたいこと、重要なことが盛り込まれていました。
    • でも自分としても昔よりも話されている内容の理解度があがってきた気がします。が、まだまだとも感じます。勉強しておきたいことがたくさんあることに気付かされます。レガシーコード改善ガイド、SQLアンチパターン、、
  • 寺田さん×きしださんに聞く Java開発の第一線

    • 久しぶりにJava界に帰ってくることになったので、本当にちょうどよいイベントでした。
    • オブジェクト指向がいらなくなったというのは、きしださんが以前からいわれていたところですが、改めてきいて衝撃的でした。
    • copilotも積極的に活用したいと思いました。

音声コンテンツ

  • Rebuild 376, 377, 379

    • naanさんのまいったまいったで始まるやつ、いつ聴いても面白いネタです。
    • コードベースが汚いので、1週間くらいで全部つくりなおした話。これもすごいなと。うーん。現実そうなんだろうなと思いつつ
  • COTENラジオ 47.ケマル・アタテュルク

    • 民主主義のあとのシリーズだったので、独裁制ナチスとの違いとか考えさせられる回でした。

読書

  • アジャイルサムライ

    • 時間がかかってしまいましたが読了しました。
    • マーティンファウラーのThoughtWork社のジョナサンラスマセンが書かれたということで、本場のアジャイルの雰囲気を少しでも感じられたのは良かったと思います。
    • アジャイルソフトウェア開発の12の原則をちゃんと理解するための本という感じでした。
  • リーダブルコード

    • 他に読まなきゃいけない本が多くて、放置になっていたので。これもちゃんと読んでおかないと、と。
    • PRレビューとかだと、「賛否両論あるけど」、「IMO」みたいな、細かい書き方のところにちゃんと言及されている印象でした。
  • コンサルが「最初の3年間」で学ぶコト

    • 途中になっていたので、こちらも寝る前にすこしずつ読むのを再開

W:わかったこと

  • 実力者がチームに加わると、恐ろしい改善がおきる

    • t-wadaさんのレガシーコード改善にしても、naanさんにしても、すごいエンジニアが加わったら、あれよあれよと言う間に開発のしくみやコードベースが改善されちゃうんだろうなと感じました。
    • ここに近づくために、、、というのは。道は遠いなぁと。でもこういうことを考えるの楽しそうですよね
  • ボキャブラリー大事

    • リーダブルコードで、明確な単語を選ぶ、という話と、「コンサルが「最初の3年間」で学ぶコト」であげられていた「082. 緒についたばかりvsまだ未熟」という話がつながっていました。
    • その時その状況を的確に表す言葉を知っていて、それをつかえるだけで誤解やあたえる印象を変えられるのだなと感じます。
    • しかし昔から本を読む習慣がなかったので、語彙力ないんですよね...
  • 身につけた知識を、必要なタイミングで引き出して、引用できる力が必要

    • 話が下手なので、この力がないことを身にしみて感じています。
    • せっかくスタディしたことでも、必要なときに引き出せないといけないので、如何にそれができる力を伸ばすかですよね
    • 復習したり、資格勉強として実践を想定したシミュレーションをして知識を引き出す練習をしないとですね。

T:つぎにやること

  • ふりかえりをちゃんとやる💪
  • 進みがよくなかったスタディをちゃんと再開する。結局コツコツとやっていくしかない...。

ふりかえり(2023/12/18〜2023/12/24)

COTEN CREWに参加しました!

あまり高い金額を支払っているわけではないので、胸を張れるものでもないんですが、COTEN CREW になったことを報告させてください。
以下の理由です。

  • 株式会社COTENの取り組みの価値
    COTENラジオ、A Scope、超相対性理論で話されている内容は相当勉強になりました。「株式会社」として世の中のリソースが人文学に注がれるべきであろうと私も思った次第です。
  • COTEN CREWであることを示す価値
    「COTEN CREW」として参加することが、一見理解しがたい部分に共感できていることを意志として示すよい手段だと思ったからです。
    従来の資本主義マインド(蓋然性の高い予測可能なものにリソースが偏りがち?)がベースのこの世の中では、すぐには理解しにくい価値観であるがゆえに、今の時点でその価値観を理解できたことを発信できるとよいと思いました。

スタディ

  • SCRUM BOOTCAMP THE BOOK
    スクラムガイドをもう少しわかりやすく記載してくれている「基礎編」を読み終えて、実際におこなうときにポイントがまとめられている実践編を読んでいるところです。
    なかなか実際にアジャイル開発をやることにならないと、この辺は読まないところでしたので、よい機会です。

音声コンテンツ

  • エンジニアストーリー by Qiita #36
    ueyama ruiさんの回。ruiさんはいろいろなpodcastに出演されていますが、また違った視点でruiさんを深掘りしてくれて面白かったです。
    働きながら海外の大学で学位をとるのは、キャリアパスとしてまた前進する大きな選択ですし、わりとつよつよエンジニアのムーブメントとして起きてきていることなのかなと。
    私も、大学での学び直しには興味がありますが、時間とお金が確保できる気がしないので、しばらくは厳しいですかね。。。

  • COTEN CREW限定コンテンツ
    本編だと中立的な語り口になっていたり、現在の問題に結びつく話題は避けられている傾向があるのですが、CREW限定だと、その辺が率直に話をされているコンテンツがあって面白いです。

  • Rebuild.fm 374
    OpenAIに関する騒動の話など。この分野はハードウェアリソースが重要なファクターであることや、資本主義社会での力学がどうしても働いてくるところ、時代によってのMicrosoftの動きや評価の変化など、面白い話題でした。

気づいたこと

X(Twitter)のリストのホーム固定化機能便利ですね!
どうしても、フォローしている数が多くなって煩雑になりがちだったので、Tweerdeckが使えないと見にくかったのですが、これでスマホアプリ版もデスクトップ版もだいぶ見やすくなりました。
イーロン・マスクさんのいろいろのあとしばらくTwitterをみることがなくなっていたので、これを機にすこしずつ復帰してもよいかなと思っています。

ここのところ、活動がかなりゆるゆるなので、すこしずつ気を引き締めていきたいです。